接点のない学校へのアプローチが決め手。単なるイラストレーターではなく、ゲーム開発の協力者採用に成功した採用の方法
  • INTERVIEW
  •  / 
  • イラスト, 東京都, 株式会社福福
今回はViViViTを利用してゲームグラフィックデザイナーを採用した、株式会社福福にお話を伺いました。学校経由での採用がメインだったという同社が、ViViViT利用に踏み切った決め手と感想をご紹介します!

Q1. 貴社のご紹介をお願いいたします。

弊社は2Dを専門とするゲームグラフィックデザイン制作会社です。
現在クライアントからの受託イラスト制作を中心にお引き受けしている他、今後はデザイナー社員のオリジナルのイラストを元にプロモーション用の自社ゲームアプリの制作を予定しています。

Q2. 採用された求職者のポジションを教えてください。

グラフィックデザイナー1名を採用しました。
採用基準は、単に高品質なイラストが描けるかどうかというよりもデザインのテイストに幅を持たせようとしていたり、ゲームの企画を念頭に置いてデザインしていたりとゲーム開発を一緒にしていく上での協力者となり得るかどうかを重点的に見させていただきました。

Q3. ViViViTを利用しようと思った「決め手」を教えてください。

キャンペーン期間中で割引が効いた点、弊社と接点のない多くの学校の生徒が登録していた点、またポートフォリオが拝見できた点などが決め手かと思います。学校に伺うというコストは思いの外かかるので、取っ掛かりとしてはとても良いのではないでしょうか。もちろん懇意にしている学校などには顔を出せるようにしたほうが良いとは思います。

社内風景

制作物

Q4. ViViViTを利用して良かった点を教えてください。

求職者のポートフォリオがまず見られることが大きいです。また、サイト内で求職者との直接のやり取りができるだけではなく、お気に入りなどの興味を示した時にできる緩いコミュニケーションがお互いに気張らず使いやすかったです。

Q5. ViViViTに今後期待していることを教えてください。

同じ手順とは言えないまでも、中途採用が活発にできるようになれば季節を問わず使い続けられると思います。

株式会社福福

\ ビビ報の更新情報を受け取る! /

キュピ ピット

著者紹介

キュピピットキュピ ピット

株式会社ビビビットの化身。